ラテンアメリカのNGOと協力して、国境の南で同盟の取り組みを充実させる

シーフードソリューション保護同盟(CASS)は、協力組織のリストに別の国際NGOが加わったことを発表しました。 Centro Desarrollo y Pesca Sustentable(CeDePesca)は、現在、アライアンスに参加する3番目のラテンアメリカ組織です。

「CeDePescaは、CASSのガイドラインが初めて開始されて以来、コミットメントを行ってきました」と、エルネスト・ゴデルマン常務取締役は説明します。 CeDePescaは、他のCASSのメンバーとの交流から大きな恩恵を受け、ラテンアメリカ地域でのFIPの実施に関する経験を活かしてアライアンスに貢献できることを願っています。」

CeDePescaはラテンアメリカの漁業部門と協力して、社会的、経済的、生態学的に持続可能な漁業を実現しています。効果的な水産業管理に必要な技術的専門知識を備えた実践的なNGOである彼らのアプローチは、研究、利害関係者のトレーニングを優先し、水産業資源の持続可能な利用を保証する管理システムを急増させます。

ConservationAllianceのエグゼクティブディレクターであるFrazerMcGilvrayは、パートナーシップが表す機会を強調し、次のように述べています。 CeDePescaの専門知識と多様な視点は、シーフードサプライチェーンの創造的な前向きな変化を支援し、ラテンアメリカでの仕事の範囲を拡大するための取り組みを充実させると信じています。

ja