アライアンスメンバーのASCとフェアトレードUSAが力を合わせてインドネシアの養殖業の改善を推進

養殖, インドネシア

インドネシアの養殖のためのプロジェクトコラボレーション

アライアンスのメンバーであるAquacultureStewardship Council(ASC)とFair Trade USAが協力して、世界で2番目に大きな養殖魚の生産国であるインドネシアの養殖セクターの改善を推進するためにWalton FamilyFoundationが資金提供する野心的な新しいプロジェクトを実施しました。このエキサイティングな新しいイニシアチブは、アライアンス組織が働くことの価値を理解しているもう1つの例です。 一緒 沿岸のコミュニティと生態系に影響力のある持続可能性の成果を達成するため。

「インドネシアの養殖慣行を改善することは、世界中の養殖の水準を改善するという私たちの使命に重要で前向きな影響を与えるでしょう」と、ASCのプロデューサーサポートマネージャー兼プロジェクトリーダーであるロイヴァンダーツェラーは述べています。 「コラボレーションはASCプログラムの不可欠な部分です。このプロジェクトは、2つの組織の補完的な強みを利用して、環境と参加農場で働き、近くに住む人々のより良い結果につながるイニシアチブを通じて、地域社会に永続的な利益をもたらします。この野心的なプロジェクトを可能にしてくれたウォルトン家に感謝します。」

2つの組織は、アクセス、知識、経験を組み合わせて、インドネシアの養殖の環境的および社会的影響の改善を促進します。彼らは協力して、共同認証を合理化し、農業慣行の更新を支援し、より大きな責任を奨励する方法を模索しています。このコラボレーションは、現場での改善を推進し、市場での生産者の関与を促進するのに役立ちます。

ASCとFairTrade USAはまた、インドネシア政府の海洋水産省(MOMAF)と協力して、現地のIndoGAP基準とポリシーのさらなる開発をサポートします。この協力は、インドネシアでより責任ある養殖業を実施するためのアプローチを合理化するのに役立ちます。

ウォルトン家は、ASCとフェアトレードUSAによる共同申請に続いて、約$500Kの助成金を承認しました。 2年間のプロジェクトは、生産者、その従業員、周辺のコミュニティ、および生態系に持続可能な利益をもたらします。それは2019年1月に始まり、MOUは最近、ASCのCEOであるChris Ninnesと、Fair TradeUSAのシーフード担当ディレクターであるJulieKuchepatovによって署名されました。

アライアンスの私たちは、このエキサイティングな新しいイニシアチブをフォローできることに興奮しています。

ja